ishinn99をフォローしましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑

そうです。
不惑の年になりました。

『子の曰く、吾れ
  十有五にして学に志す。
  三十にして立つ。
  四十にして惑わず。
  五十にして天命を知る。
  六十にして耳順がう。
  七十にして心の欲する所に従って、
  矩を踰えず。』              (為政編)

  わたしは十五歳で学問に志し、
  三十になって独立した立場を持ち、
  四十になってあれこれと迷わず、
  五十になって天命(人間の力を超えた運命)をわきまえ、
  六十になって人の言葉がすなおに聞かれ、
  七十になると思うままにふるまって、
  それで道をはずれないようになった。

私は不惑の年になった。
今後そういられるかはなはだ疑問だ。

私の周りにいる私以上の年齢の人々さえ
迷いに迷って日々を生きている。
こんな時だからと言うこともできるかもしれないが
私はそれに同調しない。
いくつになっても人は迷い、惑い、悩んで生きてきてると思う。

言葉に引きずられるな。

天命を何歳で知ろうが、
40歳で惑うことがなくなろうが人それぞれ。
60歳になって人の言葉が素直に聞けることが良いとは
なんとも、人間とは切ない生き物だ。言葉を持ったゆえに。
そして年をとればとるほど学習すれば人を疑うことが多くなって当然なのに。
オレオレ詐欺に引っ掛かるお年寄りは孔子の言葉を身上にしていたのか?
素直か!

裏の意味を知らずに言ってるんじゃない。
でも私は相田みつおみたいなきれいごとやごまかしは
好きじゃない。トイレに張るなよ、人間だものね~。
トイレに神様なんているかよ。わたしが居るんだ。気持ち想いがあるんだ。
みんなそんなのわかってる。その気持ちを神様って言うのが日本人なんだよ。
その気持ちを歌にするって言うのがって話がずれてきました。

孔子の言葉は自分の歴史と言うかこうだったみたいな話で。
それを弟子たちがあがめたのが始まりでしょ。
孔子と喧嘩するわけじゃないけど理想は理想。
孔子が理想ってのもつまんないけど。

人それぞれの考えや、思いや、やり方があって良いじゃんってのが
そしてそれに何らかの自分の意見があるって言うのが
私の考える、不惑だ。

ライブでよっぱらってダメダメ人間を発揮した
私が言って良いのか、と言う惑いをもちつつ
不惑の人になりたいな~と思っています。









謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もISHINNをよろしくお願いいたします。


昨年は色々な方々とのとても良い出会いがあり
お店も楽しく、数々させていただいたイベントも楽しく
あっという間の一年でした。

お客様に支えられ、色々なお店に支えられ
本当にありがとうございました。

ISHINN店舗は6日から
そして7日からはクラックスで「+R」始まります。

皆様のお越しをお待ちしております。








Iphone4

iphone4からブログを更新しようと思ったけれど

さっぱり分からん。

と、言うわけでiphoneになったんですけど。

今日なんで。

どうしようもないっすね。

ツイッターも始めてますが

どうしようもないっすね。

暇な人が頑張れば良いと思う心が

邪魔をしてますか。

iphoneもツイッターも頑張ります。

私にしてみれば

物凄く大きな進歩です。









見に行く、政宗。

お店のOPENを遅くして、
やること一杯あるはずなのに、
行ってきました「書に見る伊達政宗」

前博物館館長の講演も
その後のパネルディスカッションも、
本当に時間が足りなくなり、あわてて切り上げるという
残念な感じもありましたが、
それ程時間があっという間に過ぎ、
みなさんの話が面白く、もっともっと聞いていたい時間でした。

政宗の書の特異性、筆まめさ、書に現れる人間性・・・・
生きていた時代の常識と先駆、若さと老いにおける変化・・・

s-IMG_5132.jpg

日が昇る~遠くに月が~・・・・

s-IMG_5134.jpg

残念だったのが、お年寄りと思える高齢者の方が、
今日来ていた方のほとんどだったと思えたことでした。
書道部と思える高校生が4、5名見えたぐらいで、
私ぐらいの30代でさえほとんど見受けられませんでした。

こんなに面白いのに高齢の方だけのものにしておくのはもったいないと思うのですが。

今から勉強すればあのミミズのような文字も読めるようになるし
読めればもっともっと楽しくなると思って
私などはなけなしのお金で本を買って読んだりしてるんですが、
難しいですかねぇ、こういうイベントに若い人を呼ぶのは。

書をやられる方は必然になってくるんでしょうけれども、
「趣味」としてや「嗜み」としては
必要なくなってくるんでしょうかねぇ。
残念ですね。深くてとても刺激的なのに。


そして裏メインの伊達政宗遺愛石「鎌倉」

s-IMG_5124.jpg
s-IMG_5126.jpg
s-IMG_5129.jpg


本では何度も見てましたし、
伊達政宗と言うことで親近感も後醍醐天皇よりありましたから
ちょっとした憧れでした。
そして今回初めて「生」で見ました。

正直感動に近い物を憶えました。
世界が違う、次元が違うと思いました。
歴史の重み、時間の重要さをドカンと突きつけられた感じでした。

嫌になっちゃうなぁと思いつつ穴が開くほど見ていると、
やはり完璧と言うものは無いんですね。
かけているところが見えてくるんです。

s-IMG_5130.jpg
s-IMG_5131.jpg

本にはこの角度は載っていません。
そこにちょっと残念な部分がありました。
見辛いですが・・・・
「水石」では良くないとされてる形です。
でも、そんなことは本当に微々たることと思える
素晴らしい石でした。


実物を見ることは今さらながら大事だと思いましたし
人にも逢って話しをしなければ、やはり、
本当の所は理解できないだろうと
自分を諌めつつ思いました。












書に見る伊達政宗

s-IMG_5101.jpg


「書に見る伊達政宗」

11月14日(日)10:00~12:00

仙台市博物館

講演会&パネルディスカッション


s-IMG_5103.jpg

私が宣伝するまでも無いのですが、
コーディネーターとして、池田先生が尽力されました。

なにが楽しみかって、
博物館蔵の伊達政宗遺愛石「鎌倉」が
展示されるらしいのです。
普段は公開しておらず、
博物館の奥のほうに眠っているものが
出てきます。

本でしか見たことが無い「石」

楽しみにしています。





プロフィール

ISHINN

Author:ISHINN
骨董・アンティーク 
       ISHINN (イシン)

981-0934
宮城県仙台市青葉区新坂町 
               4-8

TEL&FAX 
        022-718-1757
     

Cellular phone

          090-2988-8273

open 11:00~19:00
   
日曜、祝日は17:00までです。


定休 月曜日

今の所昼間の配達や仕入れ等で
閉めることが度々あります。ご確認ください。

その他買出しなどのためお休みする場合があります。

電話、メールにて確認
されたほうが
良いかと思います。

mail.....
      ishinn99@gmail.com


営業許可免許
宮城県公安委員会許可 
古物 美術品商第221040000806号
           菊地 健治

古い物の買取もしております。
えっこんな物も?っていう物も買取しております。
まずは捨てる前にご連絡ください。

リンクフリーです。
否定的なものもお構いなしです。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。