ishinn99をフォローしましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前野久美子 編・著「ブックカフェのある街」発売!!

前野久美子 編・著「ブックカフェのある街」がいよいよ発売されます。

内容はコチラ

「ブックカフェのある街」前野久美子 編著

【 第一部 ブックカフェの小さなドア 前野久美子 】

 ・火星の庭物語
 ・私が出会ったブックカフェ

【 第二部 街と人と本と 】

1 街のなかの本の風景

 <いろいろなブックカフェ>
  書本&cafe magellan(マゼラン)・高熊洋平 (♢)
  stock(ストック) gallery & atelier・吉岡英夫(♢)
 <本をつくる人に会う>
  圭書房・留守晴夫    (♤)
  アトリエ葉・岡田とも子 (♧)
  仙臺文化・渡邊慎也    (♧)
 <夜の文学散歩> 案内人/佐伯一麦

2 街のなかの本の記憶

  文学のかけらを探して、まち歩き 文/西大立目祥子
  仙台を通過した作家「岩野泡鳴」 漫画/佐藤純子
  江戸時代の仙臺を生きた
  只野真葛という女(ひと)     文/早坂信子
  俳人・佐藤鬼房と塩竈      文/関根かな

コラム 
 『尾形亀之助』『菅原克己』『古山高麗雄』 文/荻原魚雷

(♢)…インタビュアー・文/大泉浩一
(♤)…インタビュアー・文/高熊洋平
(♧)…インタビュアー・文/前野久美子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は24日、「+R」の店番をたまたましていて
ケンさんが持ってきてくれた一番乗りを購入させていただき
その日のうちに読み終わり
なんだか楽しい気持ちで、嬉しい気持ちで
このブログを真夜中に書いて居ます。

面白い本です。
掛け値なしに。
まぁ私が知っている方の本だから
身近に感じられるということもあるかもしれませんが
そんなことは抜きに。
前半の前野さんのブックカフェに至るまでの珍道中は
色々な(古本屋以外でも)お店を始めるまでの読み物として読めますし、
これだけでもう一冊かけるだろうなぁという感じ。
イベントに飲み込まれていく様は人柄その通り。
やっぱり何にも考えていないで出発してんのね・・・(書かれていることが
全てではないのですよ、文章は。などと言ってみます。)
ドイツや他の国を巡った、てんやわんやブックカフェ巡りのくだりなどは
須賀敦子の「コルシア書店の仲間たち」を思い起こさせる。
人との出会いや、その時の空気、感情、思い。
その国のブックカフェの空気を感じられる。
その国の人々や空気感も。異国旅話として楽しめる。
そして前野さんはナチュラルに生きてきた人なんだろうなぁと思う。
感じ方がとても自然で、偽りが無い。
色々なことが在ったと思うけれど、嫌な気持ちになることを吐露していない。
そしてかの国の季節や空気感が、夕日を感じるように
季節を感じるように、自然に言葉になっていると思った。
本人は「覚えていることに驚いた」みたいなことを言っているけれど
そのようなことはセンシティブな人にしか感じられない。
センシティブに私も含める。けど。恐れながら・・・・・

そして後半は色々な人々のインタビューや
文章で構成されていますが、
全て「仙台」と言う街で統一されており
インタビューも書き物も、評論、対談、鼎談好きの私は
面白く、楽しく読ませていただきました。

そして「+R」でも販売しております。
決して宣伝ではありませんが、宣伝です。
だってみんなに読んで欲しい本があるんだもん。

そんなことなかなか無いです。

「+R」で買って欲しいというわけではありません。
どこかで出会い、「あっ。この本・・」と
思い出していただいたら、買って読んで欲しいなぁと
思うし、読んで損は無いと思うので言っているだけです。
同じような本はあるかもしれません。
内容も上を見ればきりがないでしょう。
でも、同じ街に住み、生活し、新しい何かを生み出そうとしている。
そんな人の文章を、読んでいつでも逢いにいける・・・
そんな恵まれたことは仙台ではなかなか難しいでしょう。

前野さんはまだまだ全てを言ってはいません。
物書きとしては及第点です。
ある作家は「銀座の交差点で裸になることが出来るのが作家だ」(うる覚えですが)
といいました。それに比べるとですが。
そんなことしたくは無いかもしれないし
作家ににはなりたくないでしょうけど、
精一杯の前野久美子の裸がこの本にはあります。
それが楽しめないわけ無いでしょ。

火星の庭ホームページ






スポンサーサイト

プロフィール

ISHINN

Author:ISHINN
骨董・アンティーク 
       ISHINN (イシン)

981-0934
宮城県仙台市青葉区新坂町 
               4-8

TEL&FAX 
        022-718-1757
     

Cellular phone

          090-2988-8273

open 11:00~19:00
   
日曜、祝日は17:00までです。


定休 月曜日

今の所昼間の配達や仕入れ等で
閉めることが度々あります。ご確認ください。

その他買出しなどのためお休みする場合があります。

電話、メールにて確認
されたほうが
良いかと思います。

mail.....
      ishinn99@gmail.com


営業許可免許
宮城県公安委員会許可 
古物 美術品商第221040000806号
           菊地 健治

古い物の買取もしております。
えっこんな物も?っていう物も買取しております。
まずは捨てる前にご連絡ください。

リンクフリーです。
否定的なものもお構いなしです。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。